×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2種類の肌の汚れ

肌(はだ)の汚れ(よごれ)、特に(とくに)お顔(おかお)の肌(はだ)汚れ(よごれ)には、ファンデーションなどによる「油性(ゆせい)の汚れ(よごれ)」と、皮膚(ひふ)の古く(ふるく)なった角質層(かくしつそう)、いわゆる垢(あか)(あか)などの汚れ(よごれ)や、皮脂(ひし)と汗(あせ)、ほこりなどが混ざっ(まざっ)た汚れ(よごれ)といった「水溶性(すいようせい)の汚れ(よごれ)」があります。スキンケアの基本中(きほんちゅう)の基本(きほん)は、洗浄(せんじょう)、つまり、肌(はだ)にとって不要(ふよう)なものをしっかりと取り除く(とりのぞく)ことにあります。そのためには、それぞれの汚れ(よごれ)に適(てき)した洗浄料(せんじょうりょう)を用いる(もちいる)必要(ひつよう)があります。油性(ゆせい)の汚れ(よごれ)に対(たい)しては、クレンジングが必要(ひつよう)です。化粧品(けしょうひん)の多く(おおく)には、油性(ゆせい)成分(せいぶん)が含ま(ふくま)れており、それによって肌(はだ)への吸着性(きゅうちゃくせい)や使用感(しようかん)を高め(たかめ)ているからです。これらの油性(ゆせい)の汚れ(よごれ)は一般(いっぱん)の石けん(せっけん)類(るい)では落とす(おとす)ことが難しい(むずかしい)のです。そこで、クレンジングによって、汚れ(よごれ)を浮き上がら(うきあがら)せ、溶かす(とかす)ようにして落とす(おとす)必要(ひつよう)があります。普通(ふつう)の石けん(せっけん)でも何度(なんど)も繰り返し(くりかえし)て洗え(あらえ)ば大丈夫(だいじょうぶ)な気が(きが)しますが、やはり残っ(のこっ)てしまう油分(あぶらぶん)がありますし、肌(はだ)への負担(ふたん)をかけることになります。確かに(たしかに)、一日(いちにち)が終わり(おわり)、疲れ(つかれ)たなかで帰宅(きたく)してクレンジングをし・・・となると、なかなか面倒(めんどう)ですよね。でも、お肌(おはだ)のために、もうひとがんばりしてお化粧(おけしょう)を落とし(おとし)、すっきりとしたお肌(おはだ)で眠り(ねむり)に就く(つく)ようにしましょう。一方(いっぽう)、水溶性(すいようせい)の汚れ(よごれ)については石けん(せっけん)類(るい)で落とす(おとす)ことが可能(かのう)ですので、クレンジングしたあとの洗顔(せんがん)や身体(しんたい)の汚れ(よごれ)については、こちらで洗い落とす(あらいおとす)ことができます。お化粧(おけしょう)をしている方(ほう)は、まずはクレンジングで油汚れ(あぶらよごれ)を落とし(おとし)、そしてそのあと石けん(せっけん)類(るい)で皮脂(ひし)汚れ(よごれ)などを落とす(おとす)、といういわゆる「ダブル洗顔(せんがん)」を習慣化(しゅうかんか)してみましょう。ひょっとしたらこれだけでも、肌(はだ)トラブルがかなり解消(かいしょう)されるかもしれません。レイクは新生銀行が99.8%出資のキャッシング会社です。ほのぼのレイクのCMで昔から有名な消費者金融です。

肌 トラブル

肌の汚れ、特にお顔の肌汚れには、ファンデーションなどによる「油性の汚れ」と、皮膚の古くなった角質層、いわゆる垢(あか)などの汚れや、皮脂と汗、ほこりなどが混ざった汚れといった「水溶性の汚れ」があります。

肌 トラブル